法人概要

法人概要Company

原点(=親たちの想い)を心に、多様性社会の楽しさを広げていきたい。

「社会福祉法人 やまびこ福祉会」のはじまりは、1985年の「中村区に障害者の作業所をつくる会」発足にさかのぼります。
当時、障害児を持つ親たちの「学校卒業後に働く場所を作りたい」という声が集まり、1名の仲間と1名のスタッフによってスタート。 その後も親たちの強い気持ちに支えられながら、仲間とスタッフが手を取り合い、現在まで共に成長をし続けることができました。 現在は、社会福祉法人として作業所やケアホームを運営していますが、原点に立ち返りながら、さらに活動の場を広げることが目標です。 そして、仲間たちが夢を語れる空間としてあり続けたい。
私自身、今後も当法人の活動を通して、多様性社会の楽しさをより多くの方に知っていただけるよう努力し続ける所存です。
最後になりますが、これまで当法人の活動に理解をいただき、お力添えをいただきました全ての方に感謝をいたします。今後とも、より一層のご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。

社会福祉法人 やまびこ福祉会
理事長 土屋 修

理念Idea

あゆみHistory

無認可でのあゆみ

1985年 中村区に障害者の作業所を作る会発足障害児を持つ家族が中心
「重い障害を持つ人達の活動の場所がほしい」
1986年 向島のアパートで最初の「やまびこ共同作業所」スタート
1987年 八社地域に移転 本格開所へ
1992年 急きょ、移転問題浮上 移転先を探す
1993年 現「やまびこ共同作業所」開所
1995年 「第2やまびこ共同作業所」開所
10周年記念イベント開催
1998年 「家庭生活を支える」話し合いをスタート
1999年 第3施設「小規模障害者活動センターやまびこ」開所
やまびこ生活支援事業(独自事業)を開始
2000年 開所15年を迎え「15周年のつどい」を開催

法人認可以降のあゆみ

2003年 3月 「社会福祉法人やまびこ福祉会」設立
2003年 7月 第3やまびこ「名古屋市通所施設短期入所事業」指定
2003年 10月 第3やまびこ「身体障害者ディサービス事業」へ制度移行
2003年 11月 第2やまびこ「知的障害者小規模通所授産施設」認可
2004年 5月 「居宅介護事業所」わっしょい開所(身体・知的・児童)
2005年 7月 「地域生活援助事業」グループホーム明開所
2006年 10月 障害者自立支援法により生活介護と就労継続Bに移行
結の家と合流
2007年 5月 第4施設「小規模障害者活動センター結の家」開所
2008年 5月 第5施設「小規模障害者活動センター第5やまびこ」開所
2011年 7月 第3やまびこ、居宅介護事業所わっしょい、ショートステイやまびこが移転し、「生活支援センターほっトハウス」開所
2017年 4月 現場の見直し、統合を行い再編する。
通所 2事業所(小規模障害者活動センターやまびこ:第2、第3やまびこ)
生活支援 グループホーム明

概要Overview

法人名 社会福祉法人 やまびこ福祉会
所在地 事務局/第3やまびこ:〒453-0866 愛知県名古屋市中村区横井1-203
第2やまびこ    :〒453-0863 愛知県名古屋市中村区八社1-185
第5やまびこ    :〒453-0866 愛知県名古屋市中村区横井1-113
グループホーム明    :〒453-0845 愛知県名古屋市中村区宮塚町60-2
電話番号 事務局   :052-413-2001
第2やまびこ:052-414-1949
第3やまびこ:052-413-2106
第5やまびこ:052-419-6606
グループホーム明:052-419-1660

第2やまびこ

第3やまびこ

第5やまびこ

グループホーム明

アクセスAccess

    市営バスご利用の場合

  • 地下鉄東山線 中村公園駅より「横井町(春田)行き」
  • 第2やまびこ:
    名古屋駅1番乗り場より「横井町行き」「城前」下車
  • 第3やまびこ、事務局:
    名古屋駅1番乗り場より「横井町行き」「横井町」下車
  • 第5やまびこ:
    名古屋駅1番乗り場より「横井町行き」「中村住宅」下車
  • グループホーム明:
    地下鉄中村公園1番乗り場「稲西車庫行き」「荒輪井」下車
    地下鉄中村公園2番乗り場より「戸田荘行き」「岩塚本通5丁目」下車

    鉄道ご利用の場合

  • 近鉄、JR、地下鉄八田駅
pagetop