グループホーム明

グループホーム明Mei

  • 「安全、安心な暮らしの場の確立」 「個別性が大切にされた上での集団性」ということを柱に掲げ、仲間それぞれが思いや願いを表現でき、家庭に近い環境でリラックスして過ごすことを大切にしています。
    明では世話人以外にもたくさんのヘルパーさんに介助やコミュニケーションの支援に入ってもらっています。ヘルパーさんと仲間をつなぐのはもちろんですが、職員は仲間の気持ちに寄り添って、思いや願いをつなげていくお手伝いをしています。

支援内容(サポート)Support

責任者からのご挨拶Greeting

  • リーダー 岡本 みどり
    グループホーム明では、仲間たちが育ってきた家庭と同様にリラックスして過ごせる空間づくりを目指しています。
    そのためには、日頃からのコミュニケーションが大切。「今日はちょっとお疲れ気味だな」 「何か作業所であったかな?」など、小さな変化を見逃すことなく、全てを受け止められるように努力しています。

デイリープログラムDaily program

ギャラリーGallery

pagetop